フランス教育学会第36回研究大会のご案内(PDFファイル)
2018年9月8日(土)・9日(日)に、
神戸大学 鶴甲第1キャンパスにおいて開催します。
会場アクセスはこちらをご覧ください。
 ※お使いの環境によっては最下部まで表示されないことがあります。
  その場合は、お手数ですがIEかChromeにてお試しください。
                             (2018年6月4日更新)


【日程】 2018年9月8日(土)・9日(日)
 ■第1日:9月8日(土)
  理事会     12:30~13:30
  受付      13:00~
  開会      13:30
  シンポジウム  13:45~16:45
  総会      17:00~17:45
  情報交換会   18:30~20:30
 ■第2日:9月9日(日)
  受付      8:30~
  自由研究発表  9:00~12:00

【会場】 神戸大学 鶴甲第1キャンパス(最寄り:阪急六甲駅、JR六甲道駅)

【公開シンポジウム】 テーマ:「フランス語圏の移民教育―その特徴と比較、日仏への示唆」
 本シンポジウムは、近年注目を浴びつづけているフランスの移民教育について、フランス国内のみの視点だけではなく、ベルギー、ルクセンブルクなど近隣のフランス語圏諸国で行われている移民教育にまで敷衍させ、その特徴を照射しフランスとの比較を行うことで、フランスの移民教育の価値を再検討する試みである。例えば移民のフランス語習得・母語習得の問題などについて、一つ視点を外に広げて近隣のフランス語圏諸国との比較検討を行うことは、これまで大いに議論されてきたフランスの移民教育研究をさらに発展させるためにも有益なものとなるだろう。
 また、本シンポジウムはJSPS研究拠点形成事業(A.先端拠点形成型)「日欧亜におけるコミュニティの再生を目指す移住・多文化・福祉政策の研究拠点形成」(神戸大学国際文化学研究科)との共催であるため、さまざまなフィールドからの参加者による国際的な視点での議論が大いに期待されよう。

【自由研究発表】
 ■申し込み締切:6月30日(土)
 ■申し込み方法:①~③を明記し、大会実行委員会の連絡先にメールにてお申し込みください。
  ①氏名・所属(グループ発表の場合は全員分を明記)、②発表題目、③使用する機器等
 ■発表要旨原稿締切:8月中旬(詳細は後日郵送する大会プログラムをご覧ください。)
 ■発表要旨原稿執筆要領
  分量     個人発表A4・2頁、グループ発表A4・4頁
  ページ設定  上下余白各30㎜、左右余白各25㎜ 45字×40行
  文字ポイント タイトル18、本文10.5

【大会実行委員会連絡先】
 〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1-2-1 神戸大学国際文化学研究科坂井一成研究室気付
 フランス教育学会第36回大会実行委員会
 Tel:078-803-7442 E-mail: kazu[a]harbor.kobe-u.ac.jp([a]を@に置きかえてください。)

【その他】
 本大会は、神戸大学を主管校とする日本学術振興会の研究拠点形成事業「日欧亜におけるコミュニティの再生を目指す移住・多文化・福祉政策の研究拠点形成」と共催での実施となります。




第36回研究大会のご案内