1.原稿は、編集の都合上、原則としてワープロソフトMS(ワード)で作成すること。その他のソフト(一太郎、Libre Office、テキストファイルなど)で作成する必要がある場合は、提出前に編集委員会に連絡、相談すること。そのままの形で印刷されるため、完全原稿とする。完成原稿 (投稿論文については査読を経て掲載が決定した後)は、紙媒体を郵送するとともに、電子ファイルをメールに添付して提出すること。
2.書式については、以下の指示を守ること。
 a) A4版用紙を縦位置で使用し、横書きとする。
 b) 38字×36行を1頁とする。投稿論文は14頁以内 (図表、注、文献表、フランス語の論文題目と要旨を含む)、課題研究報告は10頁以内 (図表、注、文献表を含む)とし、研究情報については、必要に応じて、執筆者と編集委員会で分量を調整する。
 c) 上余白22ミリ、下余白25ミリ、左右余白は30ミリ。本文および注の文字ポイントは10.5とし、和文フォントは明朝体、欧文フォントはTimes New Romanとする。論文題目は12ポイント、副題は10.5ポイントとする。
 d) 完成原稿においては、最初の頁に論文題目、氏名、所属機関を記す。論文題目と副題はセンタリングし、タイトル、氏名と(所属機関)は、それぞれ改行して右寄せする。なお、研究論文の投稿段階においては、氏名と所属機関の部分は空欄としておくこと(二行分を空けておく)。
 e) フランス語をはじめ、アルファベットとアラビア数字は原則として半角入力とする。
 f) 文献の記載については、著者名、場合により訳者名、書名または論文名(掲載誌名を明記)、発行所、西暦年号、頁、の順で示す。書名、雑誌名は、イタリック体で示す。著者名表記については、姓を先行し、名はイニシャルのみを示す。
  例1) Gaxie D., «Economique des partis et rétributions du militantisme», Revue française de science politique, vol.27(1), 1997, pp.123-154.
  例2) アラン・フィンケルクロート(西谷修訳)『思考の敗北あるいは文化のパラドクス』河出書房新書、1988年。
 g) 引用・文献注は、本文と同じ書式で作成し、自動脚注は使用しないこと。
 h) インターネットによる資料の注には、URLとともに最終アクセス日を記すこと。

紀要投稿規程

1.研究論文として投稿できる原稿は、フランスおよびフランス語圏の教育にかかわる内容で、かつ未刊行のものに限る。
2.投稿を希望する会員は、毎年1月31日(消印有効)までに文書により編集委員会に申し込むこと。申込書には、氏名、タイトル、概要(200字程度)、所属機関、職名(大学院生の場合には所属大学院を、退職者の場合には直近の所属機関、職名を記載すること)、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)を記すこと。
3.投稿希望を受理された者は、同年3月31日(消印有効)までに、以下の原稿及び書類を提出すること。
 ① 完成原稿 4部
  ※別途定める「紀要執筆要項」に従う。なお、原稿の最終頁に、フランス語の論文題目と要旨(18〜36行以内)を示すこと。図表、注、フランス語の論文題目と要旨を含めて14頁以内とする。
 ② 論文要旨(フランス語)の和訳 4部
 ③ 下記の事項を記載した別紙
  ・執筆者氏名、所属機関、論文題目(以上、いずれもフランス語並記)、連絡先
  ※公正な審査を行うため、①②には執筆者氏名、所属機関名を記入しないこと。本文および注においても、執筆者を特定できるような表現を用いないこと(例:「拙稿」、「拙著」等)。
4.投稿論文の原稿、書類は返却しない。
5.投稿申込および投稿論文の原稿等は、編集委員会に紙媒体で郵送すること。

〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46 
武庫川女子大学文学部教育学科・大津尚志 研究室気付
フランス教育学会紀要編集委員会
Mail; otsut[at]mukogawa-u.ac.jp (※[at]を@に変更の上、送信してください。

                          ◆紀要執筆要綱◆


紀要執筆要綱